レビトラクリニック

即効性のレビトラ

第2のED治療薬

レビトラはバイアグラに次いで発売されたED治療薬となります。

アスピリンで有名なバイエル薬品社が開発したED治療薬であり、 日本で製造・販売されたのは2004年で、バイアグラに遅れること5年となりました。

しかし、遅れることこの5年がED治療薬という認知度をさらに高める働きを起こしました。

発売当初には有名俳優を起用したCMやポスターでEDの疾患啓蒙広告を行うことでEDは恥ずかしい病気ではなくなっていきました。

レビトラの名前の由来は「LEVITRA」の英文から「LE」「VITRA」と分けられ、 LEはフランス語の男性定冠詞であり、VITRAはラテン語で生命を意味する言葉となっており、 二つの言葉を足した「男性の生命」という造語となっております。

パッケージにも炎のマークが描かれており、男の生命を着火させるお薬という意味が込められております。

日本で認可されているレビトラは「5㎎」「10㎎」「20㎎」となっており、含量が多いほど作用が強くなります。

有効成分バルデナフィル

レビトラの有効成分はバルデナフィルと呼ばれる物質となっており、バイアグラの有効成分と同じような作用機序があります。

レビトラの有効成分バルデナフィルは勃起抑制酵素であるPDE5を阻害することで血流を促進させるサイクリックGMPの分解を抑制し、 血流、血管を拡張させます。

それにより勃起を促すことができる体に変化させ、勃起時にも勃起を維持し持続させます。

また、早漏改善効果もあり、ED治療薬ではレビトラにの有効成分であるバルデナフィルだけの効果となります。

そして、バイアグラの場合は服用時には必ず空腹ではないと効果を発揮しませんでしたが、 レビトラの場合は食事の影響は受けにくくなっており、あっさりとした食事なら効果を発揮することができるため、 服用しやすいお薬となります。

服用方法

レビトラは性行為30分ほど前に服用することで効果を発揮します。

これはバイアグラよりも即効性があり、三大ED治療薬の中ではトップの早さとなります。

作用時間は5時間~10時間ほどとなっており、レビトラの有効成分であるバルデナフィルの含量が多いほど持続時間は長くなります。

1日の服用回数は1回までとし、次回の服用までに24時間以上の間隔を空けて使用してください。

食事の影響を受けにくいので、うどんなどのあっさりとした食事や腹一杯に食事をしなければ効果を発揮させることができます。

ページのトップへ戻る