レビトラクリニック

レビトラの購入方法

病院で処方してもらう

レビトラは残念ながら薬局やドラッグストアの棚に並んでいるお薬ではありません。

ED治療薬の全てに言えることですが、処方箋医薬品となるため、病院やクリニックなどで処方してもらってから購入することになります。

病院での処方は、問診やカウンセリングを行った後に症状などに合わせてレビトラなどのED治療薬を処方してもらいます。

治療時間はそれほど長くかかることではないので思ったより手軽に購入することができますが、 ED治療薬は保健診療の基準価格が掲載されている薬価基準に未収載となっているため、保険適用外となり自由診療となります。

そのため、病院によって治療薬の価格が違い、診察料も違ってきます。

そのため、家の近所に手軽に通える病院やクリニックを探さなければならないことがネックとなっております。

薬機法

薬機法とは薬事法のことで2014年の改正により名称が薬事法から薬機法へ変更となりました。

今までは医薬品を中心に扱ってきましたが、今後は医療機器の章を追加し再生医療技術発展促進のため制度改革となりました。

そんな薬機法ですが、レビトラに関連するところでいくと医薬品の種類、そして個人輸入が大きく関わってくると思います。

医薬品の種類では、ドラッグストアに置いてあるような一般用医薬品ではなく病院で処方する処方箋医薬品となります。

そのため手軽に購入することはできず、病院での処方となります。次に個人輸入です。

医薬品では自分に使用する目的であれば海外から輸入することが認められております。

しかし、他人に譲渡したり販売することは違法となり、用量なども1か月分以内など医薬品の種類により上限数量も決められております。

海外品を輸入

海外品を輸入する場合はどうしたらよいのでしょうか。

レビトラの場合、日本では「5㎎」「10㎎」「20㎎」と認可されていますが、海外ではレビトラのジェネリック医薬品が存在し、 含量も「40㎎」「60㎎」などの高含量のものが販売されております。

20㎎では効果が弱い方や、価格が安いジェネリック医薬品が気になる方も多いはず。

そんな時は個人輸入代理サイトを介して購入することができます。

個人輸入代理サイトは全て日本語であり、日本の商慣習で購入することができるので、通販感覚で購入することができます。

そのため、自宅にいながら海外の製品を自宅まで届くので手軽に購入することができます。

ただし、薬機法により、購入した医薬品を他人に譲渡したり販売することは違法となりますので注意しましょう。

以前までは偽物を多く取り扱うサイトが多数みられましたが、最近では正規保障を打ち出したり、 メールで問い合わせができるサイトなどあるのでそういった代理サイトを見つけて購入していきましょう。

ページのトップへ戻る