レビトラクリニック

食事で改善!食事療法!

食事はED改善にとても重要です。

普段の食事はEDにとても関連が深いです。

特に脂肪分が多い食事を摂ると、体内で消化酵素が消化に時間が掛かってしまい エネルギーとして使用されず体内に脂肪として蓄積され体重が増加します。

体重が増加すると心臓にも負担がかかり心疾患などの影響も考えられ、 また血管に脂肪などの不純物がたまりやすくなり脳梗塞などの原因にもなります。

身近な病気としては生活習慣病であり、生活習慣病を発症している患者さんの半分以上はEDも併発しており、 糖尿病患者でのED併発率は80%を超えております。

そのため食事を改善することはEDだけではなく長生きする上でとても重要となります。

精力のつく食べ物

EDを改善する上で精力を上げる食事は必要不可欠です。

主な食材としては魚介類には男性機能に欠かせない「亜鉛」を多く含む食材が多く、特に牡蠣や干しエビなどが良いでしょう。

また、滋養強壮の「タウリン」はイカやタコ、ハマグリなどの魚介類が多く含んでいます。

野菜系などでは山芋はビタミンを多く含み性欲増大の効果のある「ムチン」や「アルギニン」を多く含みます。

サプリメントで多く使用されているマカやクライチャイダムも天然の精力ハーブとして人気となっております。

血管年齢を下げる食べ物

血流をサラサラにし、血管を柔らかく血管年齢を抑制させる食べ物もあります。

代表格な食材がニンニクで精力増大の亜鉛、アルギニンなどの栄養に踏まえ血管拡張作用のあるアリシンも多く含みます。

夏のスタミナ食材であるうなぎもビタミン群や亜鉛が豊富であり、特にビタミンEが血液の流れを調整させる効果があります。

大豆製品も動脈硬化の予防に有効で、納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」は血液をサラサラにします。

ゴマやショウガも血液をサラサラにする効果がありますので、ちょっとした付け合せなどに使用することも良いのではないでしょうか。

お酒や煙草も控えめに

お酒や煙草を控えることも重要です。

お酒は肝臓が悪くなるだけでなく血糖値を上昇させ糖尿病のリスクも上がります。

煙草は悪玉コレステロールを増やす原因となりますので動脈硬化の原因となります。

お酒も煙草も百害あって一利なしです。

どちらもヘビーユーザーとならたしなむ程度に控えましょう。

ページのトップへ戻る