レビトラクリニック

病院でのED治療方法

ED治療薬誕生前

日本にED治療薬が登場したのが1999年にバイアグラが認可されたのが初めてで、そのご2004年にレビトラが認可されました。

それまではED治療薬と呼ばれるものはなく、そもそもED(勃起不全)と呼ばれてもいませんでした。

昔はEDのことをインポテンスと呼んでおり、今でもインポと短縮され世間にも認知されている言葉ですが、 どちらかというとマイナスのイメージが強い言葉として残っております。

ED治療薬誕生前は効果的に作用するお薬は存在せず、病院でも問診とカウンセリング、 簡易検査を繰り返し、最終的には勃起させる手術などを行うかどうかという、強引な手法しかありませんでした。

ちなみに簡易検査では主にAVを鑑賞させることで勃起の有無を確認する方法や 就寝時の勃起の有無を確認するためにペニスへ機械を装着するものなどどちらかというとアナログ的な方法での検査でした。

ED治療薬誕生後

しかし、ED治療薬誕生後では治療用法も大きく変化しました。

簡易検査はほとんど行われなくなり、簡単なカウンセリング後にED治療薬を処方して終わりというのが多くなりました。

そのため、病院での検査がより簡素化されたことで患者だけでなく医師の負担も減ったことから、 ED治療を専門とする病院やクリニックが全国的に増加しました。

しかし、ED治療薬を使用しても結果がでない方や、他の病気などで服用できない方などは現在でも手術などを行うことをしております。

手術ではペニスの内部に器具を装着させることで勃起させたり、直接ペニスへ薬剤を注入して強制勃起させる方法などで勃起させます。

聞いているだけで痛いような内容ですので、強制的な手術などを行わないように早めの処置が必要となります。

ED治療薬の改善率って・・・

ED治療薬を使用することで勃起を促すことができますが、ED治療薬を服用したからといって必ず勃起するとは限りません。

ED治療薬を使用し勃起へと改善する確率はおよそ80%ほどとなっており、かなり高い確率で勃起させることができます。

ED治療薬の有効成分も日本で認可されているだけでも3種類存在しており。

症状や副作用などを考え、自身にあったED治療薬を使用することができます。

現在、日本の病院で使用されることが多いED治療薬はレビトラとシアリスの2つで、バイアグラはあまり使用されていないとのことです。

理由として、シアリスは副作用が弱いため使用しやすく、レビトラはバイアグラより副作用が安定しており、即効性があるためとなっております。

ページのトップへ戻る