レビトラクリニック

ED治療薬について

ED治療薬の出現

勃起不全の治療に最大効果を発揮するお薬として誕生したのが、ED治療薬であるバイアグラです。

バイアグラはアメリカの製薬会社であるファイザー社が開発したお薬となります。

1990年代に狭心症の治療として開発を始めたバイアグラですが、狭心症の効果より勃起を促進させる効果が強いことがわかり、 ED治療薬の開発をスタートさせ、1998年にバイアグラとして発売を開始しました。

今までED治療薬というカテゴリーがなかったため、 初めてのED治療薬として「夢の薬」として喝采され、一躍世界で有名となりました。

現在でも知名度として有名なバイアグラですが、その後、新しいED治療薬が開発されたことにより、 EDが身近な治療へと変化していきました。

勃起抑制酵素

体内に存在する酵素は身体を正常に機能する上でとても重要な物質となります。

酵素はタンパク質からなり、消化や代謝、遺伝、細胞内のシグナル伝達に大きく関わり、 特定物質を分解しエネルギー代謝や遺伝子の修復や複成などを行います。

そのため、体内にはさまざまな酵素があるのですが、その酵素の中には勃起を抑制させる酵素も存在するのです。

この勃起抑制酵素ですがホスホジエステラーゼ5(PDE5)と呼ばれ、PDE酵素の中の5番目が勃起抑制酵素となります。

PDE5は血流を促進させるサイクリックGMPを分解する酵素であり、血流を正常へ戻そうと働きます。

しかし、正常な男性の場合、性的刺激中はサイクリックGMPの働きのほうが強いため、 目立った活動をしないのですが、射精などにより性的刺激が抑制されサイクリックGMPの働きが収まると、 働きが逆転し、ペニスを正常にさせます。

しかし、動脈硬化などにより血流が上がらない、ストレスなどにより性的刺激が弱い場合、 サイクリックGMPの働きよりPDE5の分解能力が上回り、血流が上がらなくなり、勃起せずEDとなってしまいます。

つまり、勃起をさせるには、この勃起抑制酵素であるPDE5の働きを抑制させることができれば、勃起することに繋がります。

血流改善と血管拡張作用

ED治療薬の有効成分は、勃起抑制酵素であるPDE5酵素を阻害させることで サイクリックGMPが分解されるのを抑制し活性化させます。

それにより一酸化窒素も働き血管を拡張させます。

体の勃起機能のひとつである血管拡張と血流を改善させることでペニスを勃起させる体にし勃起を促進させます。

このことにより、ED治療薬は媚薬や興奮剤のようなものではなく性的刺激を受けることで初めて勃起させることができます。

服用しても常に勃起状態ではないので安心してください。

ページのトップへ戻る